サイトマップ

基本を知ってマイカーローンを利用する

マイカーローンは自動車を購入する際、または既に組んでいるディーラーローンからの借り換えなどに便利な商品です。最近では多くの金融機関、と言うよりもほとんどの銀行や信用金庫で用意をしており、一昔前までのように車を買うときのローン=ディーラーで組むローンではなくなってきています。

 

 

銀行はディーラーに比べると審査の基準が厳しい、必要書類が増えるなどのデメリットはありますが、その代わりに低金利でマイカーローンの利用が出来るのが特徴です。車種や購入金額によってはディーラーローンよりも数パーセント以上も金利が下がる場合もありますので、これから何年にも渡って返済を進めていく中で、金利差による返済負担の違いは大きなポイントとなります。

 

銀行で利用をするマイカーローンにしても、またはディーラーで組むローンにしても、どちらも最低限の利用条件を満たさないと申し込みすらもできません。しっかりと基本を知り、自身がマイカーローンの利用対象となっているかをよく確認をしておくようにしましょう。

 

よく調べ、知ってから申し込みをするマイカーローンであれば、決して失敗はしないことでしょう。借り入れ先のマイカーローンおすすめ情報を見る前に、まずはマイカーローンやディーラーローンの基本を見ておいてください。

 

未成年者がマイカーローンを組む方法

18歳になると免許を取得できます。免許があれば車を運転できますが、普通の未成年であれば自動車を現金でポンと支払うのは困難です。そのために自動車ローンがありますが、未成年の場合、マイカーローンを組むのにも手順があります。

 

分割での商品の販売を割賦販売といいますが、未成年の場合、単独で割賦での購入はできません。契約は自分であってもいいのですが、保護者の同意が必要です。そのため、自動車を購入する際には親に一緒に足を運んでもらい、同意書へ記入してもらう必要があります。

 

未成年者からすれば親の同意が必要なんて理不尽だと思うかもしれません。現状日本では、未成年者が割賦販売の契約を結んだとしても、その契約を破棄できます。未成年には責任能力がないと見なされているのですが、貸す側としては責任能力が無い人に対して融資を見送るのは当然とも言えます。

 

親の名義でマイカーローンを組む

未成年が自分の名義でマイカーローンを組む場合には保護者の同意が必要ですが、親の名義でマイカーローンを組む場合には同意書は必要ありません。どちらにせよ親も一緒に契約にくる必要はある点では同じです。

 

実際に親の名義で子供が乗る車のローンを組むケースはあります。その理由は様々で、子供にローンの負担をかけさせたくない、手続きが面倒だったから、子供の名義でローンが組めなかった、などの理由が多いです。

 

親の名義でローンを組んだ場合、その契約も責任も親にあります。ローンの名義が親なので、審査の際にも親の収入や信用情報を基に審査が行われます。例えば子供が無収入であっても、他社での借入れに滞納があっても、関係ありません。

 

未成年が自分の名義のみでマイカーローンを組む方法

未成年がローンを組むには親の同意が必要ですが、例外もあります。1つ目の例外として、学生ローンがあります。学生ローンの場合、親の同意が無くても組めるものもあります。ただし、学生ローンでは多額の借入れは難しいので、新車の購入費を学生ローンのみで賄うのは難しいです。中古車にするか頭金を入れて残りを学生ローンで賄うのが現実的です。

 

もう1つの未成年がローンを組む方法として、結婚していれば未成年でも割賦契約が結べます。ただし、未成年であっても既婚であれば無条件にローンが組めるわけではありません。他の成人同様に審査はあります。未成年であれば審査が厳しくなります。

 

ローンといった商品は基本的に成人をしている方、さらに安定した収入がある方が利用をするものとなるため、未成年のマイカーローン利用はイレギュラーとも言えます。利用が出来るとしても枠が小さいなどの欠点もありますので、未成年の方は親権者にローンを組んでもらう方が良いです。

 

その際には返済を考えて選ばなければなりませんので、マイカーローンの人気となる借り入れ先をマイカーローンのランキングサイトでよく見ておきましょう。